※更新 2018/12/05

※渡辺雄司 音楽教室(ピアノ)2018年度 新規生徒募集中!

ホームページを更新いたしました!

※更新 2018/12/05

本日12月5日の下野新聞朝刊に大田原愚豚舎の最新映画『普通は走り出す』に関する記事が掲載されております。

本日12月5日の

下野新聞朝刊に大田原愚豚舎の最新映画『普通は走り出す』に

関する記事が掲載されております。

栃木県にお住みの皆様、ぜひご一読ください。

下野新聞様、ご丁寧な取材、

素晴らしい記事をありがとうございました。

2018/11/18

11月21日より公開の

映画 MOOSIC LAB 2018長編部門出品作品『普通は走り出す』

映画音楽を担当いたしました!

また、それに先駆けて、11月17日より小山のシネマハーヴェスト

ゲスト登壇いたします。

時間の都合のつく方はぜひお越しください。小山シネマハーヴェストにて13:00より上映されます。ぜひご覧ください。

「普通は走り出す」特別先行上映会&監督トークイベント11/17(土)13:00- 小山シネマハーヴェスト(おやまゆうえんハーヴェストウォーク内)

渡辺紘文 氏×本広克行 氏×渡辺雄司

左から渡辺雄司、渡辺紘文氏、千葉真一氏、本広克行氏

おもいがわ映画祭「普通は走り出す」上映終了いたしました。

上映後にゲストの千葉真一さんと本広克行監督とお話をさせて頂きました。

NEW!!2018.11.5

 

11月21日より公開の映画「普通は走り出す」の

映画音楽を担当いたしました。ぜひご来場ください。

 

 【MOOSIC LAB 2018長編部門出品作品『普通は走り出す』上映スケジュール決定!!】

 

 

 

トリプルファイヤー×大田原愚豚舎

 

MOOSIC LAB 2018 長編部門出品作品『普通は走り出す』上映スケジュールが決定いたしました!!

 

 

 

またMOOSIC LABに先駆け、栃木県小山市で開催される第11回おもいがわ映画祭での上映も決定!!

 

 

 

ぜひご来場ください!!

 

 

 

■第11回おもいがわ映画祭

 

11月17日(土)13:00~小山シネマハーヴェスト

 

https://www.omoigawa-cinema-festival.com/

 

 

 

■MOOSIC LAB 2018

 

11月21日(水) 21:10~新宿K’s cinema

 

11月26日(月) 19:00~新宿K’s cinema

 

12月3日 (月) 21:10~新宿K’s cinema

 

12月13日(木) 18:20~UP LINK渋谷

 

12月14日(金) 21:10~新宿K’s cinema

 

http://moosiclab.com/?page_id=662

 

 

 

■製作:大田原愚豚舎

 

■主題歌・劇中歌:トリプルファイヤー

 

■脚本/監督:渡辺紘文

 

■撮影監督:バン・ウヒョン

 

■音楽監督:渡辺雄司

 

■出演者

渡辺紘文

 

黒崎宇則

 

平山ミサオ

 

古賀哉子

 

加藤才紀子

 

ほのか

 

永井ちひろ

 

萩原みのり

 

松本まりか

 

2018/4/6

本日4月6日より公開の、                         クソ野郎と美しき世界 EPISODE.02「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」の      映画音楽を担当いたしました!

ぜひみなさまご覧ください!

山内ケンジ監督とは以前、

静岡新聞SBS CM 超ドS「静岡兄弟」篇で
お仕事をご一緒させていただいたのですが、

今回の作品で、はじめて山内監督の映画音楽を担当させていただきました。

山内監督の映画作品は全て拝見させていただいており、

とても好きな作品ばかりなので、

今回、映画音楽でご一緒させていただけることは
本当に嬉しかったです。

そして主演を務めるのは、香取慎吾さんということで、

まさか香取慎吾さんの作品に自分が関わり、

音楽をつけることになろうとは夢にも思わなかったです。

このような機会を得てお仕事を

ご一緒できたことは本当に光栄でした。

山内監督も香取さんも、自分が小学生の頃(20年前以上)から、

テレビを通してさまざまな活躍をしているのを拝見させていただいてるので、

今回、この作品に自分が関われたということを

本当に光栄に思います。

また、

中島セナさん、

古舘寛治さんは、

映画の中で

素晴らしい演技を見せてくれます。

そして今回、オムニバス作品ということで、

稲垣吾郎さん、

草彅 剛さんが主演を務める、
 

園子温監督  EPISODE.01「ピアニストを撃つな!」

太田光監督  EPISODE.03「光へ、航る」

稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草彅 剛さん、3人で共演する、

児玉裕一監督 EPISODE.04「新しい詩(うた)」

4つのエピソードからなる異なったアプローチの作品が、

1つになることによって、

本当に素晴らしい作品が出来上がりました。

僕自身、この作品に作り手として関われたことは、

かけがえの無い財産となりました。

この作品に関わった皆様に心より感謝いたします。

ぜひみなさまに映画を観ていただければと思います!

そして新しい地図の作る作品の持つ熱量をぜひ

劇場で体験して頂ければと思います!

よろしくお願いいたします!

2018/3/16

みなとアートナビさまに記事を書かせていただきました。

みなとアートナビさまに

 

Special特集

 

COLUMN - 「大田原愚豚舎、創るということ」 -

 

Trivia豆知識

 

音楽【映画音楽について】

 

という記事を書かせていただきました。

是非ご覧ください。

 

ホームページは

 

https://www.minato-artnavi.jp/index.html

 

記事は

https://www.minato-artnavi.jp/special/index.html

 

https://www.minato-artnavi.jp/trivia/music.html

 

になります。

2018/3/10

【大田原愚豚舎最新作映画「地球はお祭り騒ぎ」上映会のお知らせ

大田原市を拠点に映画制作活動をしている大田原愚豚舎の最新作映画「地球はお祭り騒ぎ」と前作映画「プールサイドマン」の上映会が開催されます。

■スケジュール(上映日時・場所・映画)                  ■3月10日(土曜日) 那須与一伝承館多目的ホール午前10時から        「プールサイドマン」午後1時から「地球はお祭り騒ぎ」午後3時30分から     監督と市長によるトークショー                      ■3月24日(土曜日) 那須与一伝承館多目的ホール午前10時から        「地球はお祭り騒ぎ」午後1時から「プールサイドマン」           ■4月14日(土曜日) 大田原市総合文化会館ホール午前10時から        「地球はお祭り騒ぎ」午後1時から「プールサイドマン」           ■4月28日(土曜日) 大田原市総合文化会館ホール午前10時から       「プールサイドマン」午後1時から「地球はお祭り騒ぎ」

大田原市ホームページが大田原愚豚舎作品上映会の情報を掲載して下さいました。

ありがとうございます。

『プールサイドマン』『地球はお祭り騒ぎ』両作品ともこの機会にぜひ大田原市の皆様に見ていただきたく思います。

何卒宜しくお願い致します。

http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2018030900014/

【大田原愚豚舎最新作映画「地球はお祭り騒ぎ」上映会のお知らせ | 大田原市 】

大田原市を拠点に映画制作活動をしている大田原愚豚舎の最新作映画「地球はお祭り騒ぎ」と前作映画「プールサイドマン」の上映会が開催されます。

「プールサイドマン」は、サスペンス調のブラックコメディー映画で2016年、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門及びドイツで開催された日本映画祭第17回ニッポンコネクションにおいてもグランプリを受賞しました。

「地球はお祭り騒ぎ」は、ビートルズマニアの男が東京ドームで開催されるポールマッカートニーのコンサートに向かうロードムービー風のヒューマンドラマです。本作も東京国際映画祭に正式出品しており、今回、出品後最速での上映となります。
ぜひこの機会に国内外から注目を集める大田原愚豚舎が制作した映画をご覧ください。

■スケジュール(上映日時・場所・映画)

■3月10日(土曜日) 那須与一伝承館多目的ホール
午前10時から    「プールサイドマン」
午後1時から    「地球はお祭り騒ぎ」
午後3時30分から    監督と市長によるトークショー

■3月24日(土曜日) 那須与一伝承館多目的ホール
午前10時から     「地球はお祭り騒ぎ」
午後1時から     「プールサイドマン」

■4月14日(土曜日) 大田原市総合文化会館ホール
午前10時から     「地球はお祭り騒ぎ」
午後1時から     「プールサイドマン」

■4月28日(土曜日) 大田原市総合文化会館ホール
午前10時から    「プールサイドマン」
午後1時から     「地球はお祭り騒ぎ」

■鑑賞料金(各回入替)
一般    1,500円
高校生以下 1,000円

■問い合わせ先

■那須与一伝承館 電話:0287-20-0220

■大田原愚豚舎ホームページ:https://foolishpiggiesfilms.jimdo.com/

■2018年1月23日

下野新聞朝刊に 「地球はお祭り騒ぎ」ヨーテボリ国際映画祭出品の記事が掲載されました!

下野新聞朝刊に
「地球はお祭り騒ぎ」ヨーテボリ国際映画祭の記事が掲載されました。
ぜひご一読ください。

【下野新聞朝刊に『地球はお祭り騒ぎ』のヨーテボリ国際映画祭出品と、大田原上映会開催決定の記事が掲載されました!!】

お知らせです。

本日1月23日(火)の下野新聞朝刊に大田原愚豚舎第4回作品『地球はお祭り騒ぎ』の、第41回ヨーテボリ国際映画祭出品のニュースが記事として掲載されております。栃木県の皆様、宜しければ是非ご一読くださいませ。
下野新聞さま、記事の掲載、本当にありがとうございます。心より感謝致します。

また、本日の下野新聞朝刊に掲載されました通り、大田原愚豚舎の最新作『地球はお祭り騒ぎ』と、東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した前作『プールサイドマン』の上映会を、3月と4月に、大田原市で開催することが決定致しました。両作品ともに大田原初上映、『地球はお祭り騒ぎ』は東京国際映画祭以来国内最速上映です。

上映会場は3月10日、24日が那須与一伝承館、4月14日、28日が大田原市総合文化会館となります。
上映は全日10:00からと13:00からの2回上映を予定。

上映会のスケジュール等、詳細は追ってお知らせ致します。

以下、下野新聞記事より転載

【北欧の国際映画祭出品 大田原の渡辺監督 新作 地球はお祭り騒ぎ】

【大田原】

紫塚3丁目、映画監督渡辺紘文さん(35)の新作「地球はお祭り騒ぎ」が、26日からスウェーデンで開催される第41回ヨーテボリ国際映画祭に招待出品される。約80カ国の450作品が上映される北欧最大規模の映画祭で、日本映画2作品の一つとして上映されるという。新作と前作「プールサイドマン」は今春、市内で上映される。(樺沢修)

■招待上映、26日から

新作は北関東のある郊外を舞台に、ビートルズマニアの青年2人の生活と奇妙な旅路を描いたヒューマンドラマ。渡辺さんが代表を務める映画制作集団「大田原愚豚舎」の4作目で昨秋の東京国際映画祭に出品された。海外映画祭への出品は初めてとなる。

2016年の第29回東京国際映画祭で作品賞を受賞した前作「プールサイドマン」と共に市内で初めての上映会が3月10、24日に南金丸の市那須与一伝承館、4月14日、28日に本町1丁目の市総合文化会館でそれぞれ開かれる。
各日とも午前10時と午後1時からの2回、いずれかの作品を上映する。大人1500円、高校生以下1千円。

「巨匠イングマール・ベルイマンの母国であるスウェーデンでどんな反応があるのか楽しみ」と国際映画祭を心待ちにする渡辺さん。

「(大田原市での上映は)地元で見てもらいたい気持ちが強い。両作品とも地元の人々、風景がたくさん出てくる。どう制作したのか見てほしい」と多くの来場を呼びかけている。

映画音楽・プロデューサーを勤めました。大田原愚豚舎第4回作品『地球はお祭り騒ぎ』が世界12大国際映画祭でありアジア最大級の映画祭である東京国際映画祭でのワールドプレミアが決定致しました!!“日本映画・スプラッシュ部門”への出品となります。

※また本日レッドカーペットに渡辺雄司音楽教室の子供たちも参加いたします。 東京国際映画祭の公式サイトのYou TubeやLineで観られるのでぜひそちらも観ていただければ嬉しいです。

©大田原愚豚舎

作品解説
北関東郊外の小さな町。電子機器を扱う小さな町工場で働く本田光は、愛犬のリンゴと穏やかな生活を送っている。ある日、本田は同僚のビートルズマニア・平山隆文とともに、東京ドームで開催されるポール・マッカートニーの来日コンサートへ行くことになるのだが…。第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門において『プールサイドマン』が作品賞を受賞。その後もカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭など世界各地の映画祭で絶賛され、今や世界が最も注目する日本映画の作り手にまで成長した渡辺紘文・雄司兄弟最新作。ふたりのビートルズマニアの静かな生活と奇妙な旅路を通し、生きることのおかしさ、悲しさ、騒がしさを描いた珠玉のロードムービー。
スタッフ 製作総指揮/脚本/編集/監督 : 渡辺紘文
製作総指揮/音楽監督 : 渡辺雄司
撮影監督 : 方又玹
製作 : 渡辺秀樹
製作 : 渡辺あけみ
絵本 : 今村幸治郎
キャスト 今村 樂
リンゴ
渡辺紘文
井野勝美
井野亮子
渡辺あけみ
黒崎宇則
渡辺雄司
平山ミサオ
ウェブサイト
116分 カラー&モノクロ 日本語 | 2017年 日本 | 配給:大田原愚豚舎
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1
10/28 13:25- (本編116分) 
  • Q&A
登壇ゲスト(予定):Q&A:渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽)、今村 樂(俳優)、方 又玹(撮影)
一般¥1500 学生¥1000
学生当日¥500(上映当日0:00~)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN1
10/31 15:00- (本編116分) 
  • Q&A
登壇ゲスト(予定):Q&A:渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽)、今村 樂(俳優)、方 又玹(撮影)
一般¥1500 学生¥1000
学生当日¥500(上映当日0:00~)
残席状況
:余裕あり :残りわずか 
:チケット完売
※完売した上映であっても、状況により追加販売を行う可能性がございます。
価格は全て税込みです。
登壇ゲストはすべて予定です。変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※情報解禁となりました。大田原愚豚舎、新作「地球はお祭り騒ぎ」が    第30回東京国際映画祭で上映されることが決定いたしました!       公式サイトもオープンいたしましたので、是非覗いてみてください。

チケット発売は10月15日を予定しております!

『七日』、2017年9/23(土)から         東京・新宿武蔵野館にて1週間限定レイトショー公開!

音楽と製作総指揮を担当いたしました。

第29回(2016)TIFF日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した渡辺紘文監督の『プールサイドマン』公開(9/30~)に合わせて、前年の第28回(2015)TIFF 日本映画スプラッシュ部門出品された同監督作品『七日』の公開が決定しました!
本作を劇場スクリーンにてご覧になれる貴重な機会をお見逃しなく!!
 
2017年9/23(土)より東京・新宿武蔵野館にて1週間限定レイトショー公開
公式サイト
 
第28回(2015)東京国際映画祭
日本映画スプラッシュ部門出品作品
七日

製作/脚本/編集/監督 : 渡辺紘文
キャスト:渡辺紘文、平山ミサオ

第29回TIFF日本映画スプラッシュ作品賞受賞  『プールサイドマン』、2017年9/30(土)公開!

音楽と製作総指揮を担当いたしました。

第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ作品賞、

渡辺紘文監督作品『プールサイドマン』、

2017年9月30日(土)より

東京・新宿武蔵野館にて2週間のレイトショー公開が決定しました!

本作を劇場スクリーンにてご覧になれる貴重な機会をお見逃しなく!!
 
公式サイト⇒こちら
公式ツイッターアカウント@POOLSIDEMANFPF
 
映画制作集団 大田原愚豚舎/Foolish Piggies Films
Facebookアカウント大田原愚豚舎/Foolish Piggies Films
ツイッターアカウント@Foolish_Piggies
 
第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ出品
作品賞受賞作品
プールサイドマン

©大田原愚豚舎
 
製作/脚本/編集/監督:渡辺紘文
製作/音楽監督:渡辺雄司
撮影監督:方又玹
キャスト:今村 樂、渡辺紘文、戸田古道、鈴木 仁、武田美奈、かりん、中山真由美、中川文子、蜂巣友紀子、黒崎宇則、平山ミサオ
 
配給・宣伝:大田原愚豚舎

※渡辺雄司 音楽教室(ピアノ)

 新規生徒募集中!

 

 ※現在、作曲の仕事を承っております

お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ
yuji0427@hotmail.co.jp

 

 ※ブログ(プロフィール)

2016年7月4日        ■音楽【作曲】          担当作品             静岡新聞SBS CM 超ドS「静岡兄弟」篇 

 

山内ケンジ監督作品

NOVA』、『クオーク』、『コンコルド』(静岡のパチンコチェーン)、 『ソフトバンク/ホワイト家族』など数多くのCMを手掛ける

 

出演者の方、佐津川愛美さん、山田裕貴さん、川面千晶さん、高橋ひろ無さん、 ジジぶぅさん、

 

今までの自分を超えろ!! 超ドS 静岡新聞SBS

(静岡新聞 創刊75周年・SBS 開局65周年)

CMを手掛けた

映像制作会社(株)スプーンさま

公式サイトにCMが        アップされました!

下記のページからクリックしてご覧ください。

2016年6月11日

週間ランキング1位獲得!

3ヶ月連続ランキング入り!

■第28回東京国際映画祭

オープニングイベント

レッドカーペット

 

●リマ国際

インディペンデント映画祭

●Detour On The Road Film Festival 2016

■そして泥船はゆく 第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品
■そして泥船はゆく 第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品

フィンランド(ヘルシンキ)
「ヘルシンキ・シネアジア映画祭」

正式出品
●ドイツ(フランクフルト)

第14回日本映画祭
「ニッポンコネクション」正式出品
●イギリス(ロンドン)

「レインダンス映画祭」正式出品
●オランダ(ロッテルダム)
「カメラジャパンフェスティバル」正式出品
●スコットランド

「アバディーン映画祭」正式出品

●JAPAN CUTS2015/

ジャパンカッツ正式出品

●第18回サンフランシスコ ・

インディペンデント映画祭

■2016年

第18回サンフランシスコ・

インディペンデント映画祭

■東京国際映画祭 公式HP
■東京国際映画祭 公式HP

ニッポンコネクション

レインダンス映画祭